Facebookページのご案内
有限会社 矢内石油
〒961-0102
福島県西白河郡中島村大字滑津字平名塚1
TEL:0248-52-2020
営業時間:
平日月~土 7:30~19:30
日祝 8:00~19:00
※不定休(年に5日程度あります)

リフォーム専用:
0120-437-346
受付時間: 9:00~18:00

YANAI BLOG

YANAI BLOG

2015.10.01

2ヶ月で11kg減量しました。

ファイル 2015-10-01 10 30 25

すっかりご無沙汰になったブログです。

 

8月はいろんな気づきがあったり、これからの成長の可能性を感じた有意義な夏でしたが、

9月はそれをじっくり思考した1ヶ月だったと思います。

少しだけオフも取りましたが、その割にあっという間の充実した9月でした。

 

そんなかで実はこっそり、減量に励んでおりました。

今年の2月あたりからだんだん太り始め、

当時55kgくらいだったのが7月には65kgまで膨れ上がる始末。

 

そのころから階段の上り降りがしんどくなるほか、朝は目覚めも悪く、

日中はだるくなったり、眠くなるところを気合と根性でカバーする日々でした。

 

そんななか、あるセミナーを受けにいったときのこと、

中間講座が健康やコンディションをテーマにした講演でした。

 

無意識に感じていたことをズバズバ言われるなかで、

潜在的に健康な体、コンディションのよい毎日を望んでいる自分に気づくことができました。

 

思考が変わる瞬間だったのですが、その一瞬でとどめておくにはもったいない内容で、

福島に戻り次第、その方の書籍を2冊購入し、本の内容に合わせて実践を進めてみました。

 

基本的に太る原因は、食生活なのですが、健康になるポイントは「毒を体から出す」ということでした。

みんなこれは体にいいとか栄養があるとか言いますが、「取る」視点ではなく、

「いらないものを体に入れない」とか「余計なものを出す」のが大事。

 

要はゴミが散らかっている部屋に家具や雑貨小物などを飾ろうと思っても、

そんなことはできずにますます汚れていくだけ。

まずはいらないものを捨てて、すっきりさせてからでないと

部屋をキレイにコーディネートできないのです。

 

身体も一緒で、いらないものを出してから、よいものを身体に取り入れていくこと。

 

具体的に行ったことは、主に3つです。

【食事を無意識にとるのを止めた】

昼になったから、朝になったからという理由でご飯を食べるを止めました。

少々食べなくても死にません。むしろご飯を抜くことを覚えてからは

身体が軽くなり、頭もクリアになって仕事もはかどりました。

理由は、体に消化の負担をかけなくなったためです。

ご飯1杯を食べることで消化にかけるエネルギーは水泳1kg泳ぐのを同じくらい、

それだけパワーを使えば眠くなったり、体が重くなったりするのは当たり前です。

頭がクリアな状態で、仕事も集中して行えるようになった分仕事の成果が如実に向上してきました。

 

【朝は果物と水にした】

そもそも消化にエネルギーを使わない食べ物です。この夏は、スイカ、メロンを集中的にいただきました。

すきっ腹であればどれだけ食べても大丈夫で、メロンは1/2~1個をよく1食で食べていました。

果物特有の酵素があって、尿を通じて毒が排出されていくのを実感することができました。

※なお食後のデザートとしてのフルーツは一切だめです。

 

【食べる順番を変えた】

普通の食事ではサラダを必ず取るようにして、サラダを食べきってから

お魚やお肉などのメインに手を付ける習慣に変更しました。

空腹の状態からお肉や魚、ご飯を最初から口にすることは血糖値を高め、

インシュリンを出すために特に太りやすくする行為。

サラダから食べ始めることで体の反応をゆるやかにするようにしました。

 

「食べるものを我慢して辛くないの?」とか「大好きなお酒を絶ってまで・・・」とか

思われるかもしれませんが、これといって無理はしていないのが現実です。

 

お酒、ラーメンもショコラケーキなど私は大好きですし、この2か月の間に何度も口にしています。

但し、その前後で調整はしています。

 

ラーメンのように消化に負担をかけてしまうものを口にする際は前後で果物にするとか、

最初にサラダを食べてから口にするとか。

甘いスイーツの場合は、食後できるだけ早く少量だけ口にしたり。

 

思考が既に健康になりたいとか、コンディションを高めてより充実した毎日を過ごしたいと思っているから、

思考転換したあとの生活がまったく苦にならず日々自分の体を対話しながら

高められている感覚を得られています。

 

最後に私が今回の読んだ本のご紹介です。

高い会費を払わなくても、我慢しつづける生活をしなくてもコンディションを高めるヒントが載っています。

 

ハイパフォーマー思考

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?

 

【追記】

ちなみに運動は一切していません。ラ○ザップに通おうかと真剣に考えた時期もありましたが、

結果体のお掃除をすることで自然と体はスリムになるというのがわかった2ヶ月でした。

 

ページトップ