LIFE STYLE

ライフスタイル

子育てと仕事で
 生きがい2倍。

何気ない日常も
成長の機会に変わった。

リフォームアドバイザー
佐藤 郁子

「誰にとってもくつろげる場」を増やしたい。

ほとんど家事と育児しかして来なかった私が、入社以来一転して多くのお客様・スタッフと接する機会に恵まれ、毎日楽しく仕事させて頂いております。社会に復帰してからというもの、お客様と接する立場から、何気ない日常も自分ごとに切り取るようになりました。ご飯を食べに行ったり、お買いものに行ったりする中で、「私だったらどう接するんだろう」とか、「この接客の仕方今度私もマネしてみよう」と、どんなことでも自分の成長に結びつけられることに気が付きました。「できることが増えること」それがすごく楽しいんです。
社内のメンバーとは未来の話をする機会が多く、毎日がワクワクの連続です。
もっともっと色んな仕事ができるようになって、楽しい未来を実現するのがもっぱらの夢ですね。

「ありがとう」の数が増えました。

私が家を空けることで、家族もその生活に慣れるまでは大変だったと思いますが、子供もだんだんと手が離れ、それも成長と感じます。夫も積極的に家事を手伝ってくれるようになりました。お互いの休日には子供の世話を分担し、掃除もしてくれます。仕事の日は早く帰宅したほうが先に夕飯の準備を。
家族の協力のおかげで仕事との両立ができているので、とても感謝しています。また、実家の両親のサポートは絶大で、子供の世話・習い事の送迎、お夕飯のおかずも持たせくれるので甘えっぱなしです。本当に頭が上がりません。
この仕事を始めてから、家族はもちろん、お客様、会社のメンバー、地域の皆様に感謝すること、同時に感謝されることが劇的に増えたと感じています。

仕事も、プライベートも、楽しく。

お休みをいただいたときは、息子の部活の送迎、大会等あれば応援にも行きます。
娘と出かけることも、日々遊べる訳ではないので、春休み等の長期休暇に二人でめいっぱい遊ぶ日を作ります。朝から出かけて映画を観たり、ランチをして夕方には日帰り温泉で一風呂。私は楽しくお酒を飲むことが明日を生きるための活力だったりするので、早く一緒に飲めるようになるといいな。(笑)
逆に平日の休みは、自分の時間を楽しむことに専念しています。一人買い物、一人ランチ、一人飲みもします。思いっきり仕事をするのももちろんですが、思いっきりのんびりする時間も大切です。時間が合えば友達や会社のメンバーと飲みに行きます。私は生まれ育った地元で今も暮らしていますので、幼いころからの友人と時々会うのも楽しみの一つです。
兄弟の様な友人と、気兼ねなくお酒を飲めるのは、地元で働くことの醍醐味ですね。

SCHEDULEとある一日

6:00
起床・お弁当作り
8:00
出発
8:15
子どもを保育園に預ける
9:00
業務開始・朝礼
10:30
設計打ち合わせ
12:00
メンバーと昼食
14:00
引き渡し
17:00
退社
18:00
保育園迎え・買い物
19:00
炊事・家事
20:00
メールチェック・就寝

CONTACTご相談・体験希望・エントリー